放談

放談

冬になると暖かい国に憧れます

日本で生まれて、日本で生活して早数十年が経ちますけど、冬の朝は相変わらず布団から出たくないって気持ちと格闘しています。
放談

ステイホームで悩み、落ち込んだなら

自分が生きる意味って何だろう、自分は社会に意義のある成果を残せるだろうか。そもそも、人間の発明で地球規模で役に立つ進歩はあったのだろうか。
放談

ひょうたんからキャンドル!?思わずパチリな写真#幸せシェア

街でクリスマスソングを聞く事が増えてきたこの頃。今日はいつもと趣向を変えて、思わず足を止めてカメラを向けた写真をご紹介します
放談

多様性を知って、過去の自分を悔いて反省しましょ

多様性を認めようという風潮が高まっていることは良い事ですし、大賛成です。ただ、多様な価値観を学んでいくたびに、過去の自分の振る舞いや発言や、考え方が恥ずかしくなって、自己嫌悪に陥るのです。
放談

無気力なのは全部がコロナ禍のせいだ!

お金の巡回は血の巡りと一緒で、少しだけ輸血(バラマキ)したところで循環が良くなるわけではないんです。最低限必要な分を輸血(バラマキ)して、それでも輸血(バラマキ)をつづけて、温めたり揉んでみたりしてようやく血行(お金の巡り)がよくなってきます。
放談

「とんねるず石橋」と「鬼越トマホーク」ハラハラさせるから面白い

テレビで観ていた最近のとんねるずって、そんなに面白いと思わなかったんですけど、YouTubeの「貴ちゃんねるず」は、何と言ったらいいんだろう。昔テレビで観ていた「ねるとん紅鯨団」とかのハチャメチャな感じがしてワクワクしてしまうんですよね。
放談

徘徊老人が救急車でご帰宅。日本の良さを継続するのに必要なこと。

救急車で自宅まで送り届けて貰って、事なきを得たという意味では、素晴らしい社会インフラだと思います。無償の愛情を育むには、自分の現在の生活が最低限満たされていて、自分の将来がある程度保障されていることが大切なのかなぁ。日本的な良さを残していく意味でもベーシックインカムは必要なんじゃないですかね。
放談

オヤジ世代を懐かしむ、銀行員のドラマ「半沢直樹」

今回もまた半沢直樹にどっぷりハマっております。時代背景はバブル崩壊後でも、まだまだ銀行員がエリートとしてうらやましがられていた頃ですから、登場するキャラクターの仕事に対する熱量がすごい!世のおじさん達には共感できるテーマですし、脚本がよくできてますね。
放談

アドセンス広告表示されなくなったって話

コツコツとブログを更新して、「ブログは収益を生んでくれる資産だよ」なんて考えてましたところ、なぜだか急に広告が表示されなくなっていました。広告が表示されていない期間中、有難いことに閲覧数はそこそこの数あったのですが、当然ながら広告収入はゼロってことで少しばかりショックでした。
放談

歯医者さんには、予約してから行きましょう

歯医者さんの店舗数って、コンビニより多いはずなんですけどね。最寄りの駅近辺だけで10件以上あるんですから。予約なしでも大丈夫でしょ、って完全に舐めてました。どこも盛況で何よりです。
タイトルとURLをコピーしました