時短とストレスと集中力

仕事

働く時間を短くするには、集中できる時間をどれだけ確保できたかによると思います。

その集中力は、ストレスの影響が大きいです。(私だけではないですよね?)

誰かに急かされたり振り回される状況では集中力など発揮できず、怒りや雑念が浮かんできて、とにかくはかどらないのです。

結果として時間だけが過ぎてしまい、たいした結果を残せないんです。

特に集中を阻害するストレス要因となるのが携帯電話です。

この携帯電話に振り回されると、自分の時間が奪われるだけでなく、集中力がリセットされてしまうから厄介なんです。もはやストレスでしかありません。

どうしたらいいか。と、悩んでいろいろ人に聞いたり本を読んで調べました。

以下、結論として分かったことです。

忙しい人は集中できる貴重な時間に電話、メールから離れる

携帯電話は留守番電話設定にしておけばいいんです。メールで緊急かつ重大な連絡はほとんどなく、よほどの場合なら電話して留守電に残すはずです。

集中の合間に着歴と留守電は確認しても、緊急かつ重大でなければすぐに折り返し電話はしないのです。

あくまで、貴重な集中できる時間に没頭して、落ち着いた後で電話を折り返す。

たったこれだけのことなんですけど、もしできないのであれば、携帯電話に対するの考え方を変える必要があるかもしれません。

携帯している電話に掛けているのになぜ取らないんだ!と憤慨してしまうアナタは、自分が逆の立場になったら失礼だすぐに電話をとろう、すぐに折り返し電話しようと考える、律儀な性格なのだと思います。

普段ならいいのですが、集中したい時もこの性格はでますからね。意識してずぶとい性格になってください。

すぐに電話を取らなくたって平気なんです。世の中どうにか回っていくものです。

ぜひ貴重で大切な自分の時間を確保できたなら、電話、メールのストレスから離れて集中力を発揮してください。

最後までお付き合いいただき有り難うございます。

タイトルとURLをコピーしました