40代で働きたくないって思う人は結構多い、どうしたらよいか

仕事

仕事に慣れ、ある程度将来もみえてくる40代。

今の仕事って、本当にやりたい仕事だったのかなぁ。と悩む人って結構多いです。

私の周りでも、気だるさを抱えた40代が増えています。

バリバリ動ける20代30代と違って体がついてこないっていうのもストレスになっているのかもしれません。

かつての世代のように給料も上がる見込みが少ない中で、モチベーションをどう保つのか。

よく言われるのが、「仕事以外に趣味をもとう」ってことです。

この言葉、20代の時には全くといっていい程ピンときていなかったのですが、30代後半あたりから、「趣味って大事だよね」と、気付くようになりました。

仕事に全力投球することはもちろん大切なんですけど、30代後半あたりからは、手抜きといいますか、仕事で注力すべきところとそうでないところが身に着く分、割と裁量をもって動けたりもします。

40代にもなれば、管理職になる人も増えてきますから、責任は増すけれども自由な時間は増えたりもするんです。

時間ができると、人はついついいろんなことを考えてしまうものです。

このままでいいのだろうか。なにか刺激が足りないな。などと。

概して現状では傍から見て幸せな人ほど、満足度が低かったりもします。

自分の実力を棚に上げて社会であったり会社であったり、環境に不満を持つようになるものです。

その端境期が30代後半。そして40代は不平不満の真っただ中にあるのです。

実際現実問題として、趣味をもとうと言われて簡単に見つかるならばいいですけれど、そう簡単には見つからない物です。

家のローン、子供の教育費がのしかかって、身動きがとり辛いのも確かなんでしょうけど、不平不満を抱えていては精神衛生上よろしくないので、一度転職サイトで診断してみてはいかがでしょうか。

私の友人で、いつも自分の会社の不満をぶちまけている人がいました。

そんな友人が、ある時転職サイトに登録して就職活動し、内定を得た途端に、今働いている会社の良さが分かってきたといいました。

実際に転職する直前でビビってしまったのかもしれません。しかし、今働いている会社しか見ていないと、不平不満しか生まれてこなかったものが、外側から見る事によって、良さに気付いたと言っていました。

実際、本当に嫌であれば転職に踏み切れば良かったのに、そうしなかったのです。

内定を出してくれた会社の方には申し訳ないという気持ちはあるでしょうが、本当に今の会社を辞めていいのかな、辞めたいのかな、と思いとどまって踏みとどまったようです。

今の環境でいいのだろうか、こんな会社つまらない、などと働きたくない理由が増えてきたら、一度本気で転職活動を進めてみることをおすすめします。

漠然としていた働きたくない理由が、少しだけ見えてくるかもしれませんよ。

最後までお付き合いいただき有難うございます。

タイトルとURLをコピーしました