「とんねるず石橋」と「鬼越トマホーク」ハラハラさせるから面白い

放談

テレワークで巣ごもりで。もともと引きこもりがちな性格の私にとってはさほど影響ありませんが、ネット動画を観る時間は増えました。

テレビはほとんど観なくなって久しいんですが、YouTubeは観まくってます。

そんな私が最近ドハマりしているのが、とんねるずの石橋貴明と演出家のマッコイ斉藤が更新している「貴ちゃんねるず」です!

もうね、一回観てください。文句なしに面白いんで。大人が真剣にふざけるのがたまりません。中毒性があるね、あの番組は。

テレビで観ていた最近のとんねるずって、そんなに面白いと思わなかったんですけど、YouTubeの「貴ちゃんねるず」は、何と言ったらいいんだろう。昔テレビで観ていた「ねるとん紅鯨団」とかのハチャメチャな感じがしてワクワクしてしまうんですよね。

バラエティって、真面目じゃ面白くないんです。これって当たり前なんですけど、私がテレビがつまらなく感じて観なくなったのは、最近のバラエティが真面目にやってるからなんです。

今のテレビは、真面目な芸人が、まともな事を言ってますからね。瞬発力が試される場面で、使いまわされた無難な表現を選んでるのが観ている側に伝わるんですよ。だからテレビって、面白くない。

芸人さん悪い訳じゃないんです。きっとね、現場ではハチャメチャなことを言ったりきわどいことをやったりしてると思うんですけど、その辺がカットされてしまうから、次からは放送で使われようと、無難な行動を取るようになってしまうんでしょうね。結果テレビの番組自体がつまらなくなって、観る人も減ってしまうんでしょうね。

その点でYouTubeの「貴ちゃんねるず」は攻めてます。だから好きなんです。とんねるず石橋がベテラン芸人って感じがしないもの。体を張ってる感というか、楽しませるためなら無茶するよって感じと、すべるとかそういうのを超越した好き勝手な感じが好きなんだよなぁ。

そもそも、芸人っていつから空気を読むようになったんですかね?チームワークとか団体芸の笑いも悪くないんだけど、お決まりパターンだとワクワクすることが少なくて物足りなく感じませんか?

一家団欒でテレビを囲むのなら、無難で当たり障りのないお決まりパターンの笑いの方が安心して観てられるんですけど、今や動画を1人で楽しむ時代ですからね。万人受けを狙ったパターン芸を見せられても物足りなく感じてしまうのは私だけなのでしょうか。

「貴ちゃんねるず」はマッコイ斉藤がその辺も分かっていて、ギリギリのところを攻めてるんでしょうね。とんねるず石橋が躊躇なくボケる、よく分からないけどジワるボケをする、そして突っ走る、丁度いい所でマッコイ斉藤が止めに入る。よくできてるわ。

こういう攻めた番組がYouTubeに増えるといいなぁ。

私は変わり者なのかもしれないんですけど、バラエティ番組にはハラハラしたものを求めてしまうんです。

毒舌で攻めまくってたキレッキレの有吉が最高に好きだったし、サイコパスな感じを出すザキヤマは腹がよじれるほど笑ってしまうんです。

ハラハラさせる芸人はテレビで使われることが減ってしまうんでしょうかね。個人的に鬼越トマホークが大好きなんですけど、最近は喧嘩を止めてもらって毒舌を引き出すっていうパターン芸に走ってしまっていて、少し熱が冷めてしまっています。

「今からひどい事を言うよ、毒舌をかましますよ」っていうフリがあるとね、観る方も身構えてしまうし、意外性がないからハラハラしないんだよなぁ。フリートークはハラハラさせてくれて、掛け合いも面白いのにもったいない。

鬼越トマホークは年配者を意識して、年寄りにも分かりやすいように喧嘩パターンを続けているんでしょうか?先輩芸人だとか、テレビ局のプロデューサーに受けがいいから?時代遅れのジジイ達のアドバイスなんて、無視してもいいのになぁ。と、残念に思う今日この頃です。

最後まで好き勝手言いました。オチはないです。。頑張れ鬼越トマホーク!もっとハラハラさせてくれ!期待してます!

タイトルとURLをコピーしました