引っ越し、転勤・・・、住み慣れた場所を離れることと、ストレスの原因

放談

新年度に向けて引っ越しシーズン到来です。

自分で決めた引っ越しもあれば、外部に強制された引っ越しもあります。

どちらもストレスは大きいです。

人間は変化を嫌いますからね。

特に、年をとればとるほどに。。

引っ越しのストレスって、自分が思った以上に大きかったりするんです。

震災での引っ越しだったり、借金で差押えられての競売だったり、左遷人事での異動だったり。

外的要因の強い引っ越しは、憂うつでしかありません。

その上、環境が合わなかったりしたら、もう・・・。

ため息の毎日です。

一方で、自分で決めた引っ越しでもストレスはあります。

念願のマイホームだったり、希望部署への栄転だったり、気分転換の引っ越しだったり。

自分で決めた引っ越しにも関わらず、ストレスはついて回るんです。

子供が転校先で馴染めない。。生活音が気になる。。方言が分からない。。ゴミの分別が細かくなった。。道が分からない。。などなど。

些細なストレスもありますが、塵も積もれば山となって、イライラします。

ストレスの原因ははっきりしています。

前の方が良かった。

つまり、慣れた場所との比較でストレスが生じている場合がほとんどです。

自分で勝手に以前の住み慣れた環境と比べてしまい、ストレスを産み出しています

よく考えてください。

大人だって時間が掛かるのに、子供が転校してすぐに馴染めると思いますか?隣人が変わるのですから、近所付き合いも変わるのと思いませんか?

うまくいかなくて当たり前、適応するのに苦労して当たり前なんです。

けれど、時間を掛けて新しい環境に慣れてしまうと、なんとも居心地がよかったりもします。

するとまた次の引っ越しでストレスが起こってみたり。

日本国内の引っ越しだけでも相当なストレスが溜まるのですから、海外への引っ越しストレスは尋常ではないでしょうね。

では、このストレスを軽減させるにはどうしたらよいでしょうか。

引っ越しによるストレスを軽減させるには、前の暮らしと比べないこと、文化として違いを受け入れること、が大切です。

なかなか難しいんですけどね。

いっそのこと、違いを発見することを楽しむくらいでないと、やってられません。

新しい環境で不安も大きいですが、後ろを見ずに前を向いていきましょう。

最後までお付き合いいただき有難うございます。

タイトルとURLをコピーしました