パソコンで視力低下を防ぐ、Windows10の夜間モード

仕事

パソコン仕事が多いと、目が疲れますよね。

この目の疲れ、ブルーライトが原因とも言われています。

実は、Windows10で簡単にブルーライトをカットする方法があるんです。

これを設定するだけで、目の疲れ方が全然違います。長時間パソコン作業をされる方はぜひ設定してみてください。

ブルーライトが抑えられるとのことで、青色を抑えるので、やや黄色がかった画面になりますが、目の疲れが楽になることを考えれば、十分でしょ?

以下で夜間モードの設定方法をご紹介します。(分かり辛かったらすみません。)

<設定方法>

スタートメニュー(ウィンドウズの四角4つボタン) ⇒ 設定(歯車みたいなアイコン) ⇒ システム(ディスプレイ、通知、電源) ⇒ ディスプレイの設定で夜間モードをオン ⇒ 夜間モード設定(オンのスイッチの下です。)⇒ 時間の設定で夜間モードを日中にも設定してしまえばOK

どうです?すごい時代になりましたね。

あ、設定が分かりづらい場合、もっと分かり易く説明してくれているサイトもありますから、そちらに託します。

とにかく、この夜間モード設定の素晴らしさを伝えたかったもので。。

とにかくすごいんです。ブルーライトカット眼鏡や、ブルーライトカットシートを買わなくて済むだなんて。ありがたや~。

この設定、ぜひ試してみてください。

大切な目を守るのと、ブルーライトは睡眠を妨げる悪影響もあるようなので、夜パソコン作業をする人には必須かもしれませんよ。

最後までお付き合いいただき有難うございます。

タイトルとURLをコピーしました