車の運転は疲れる、長時間運転の後はぐったりして動けない

健康

ロングドライブをしてきました。紅葉で木々は色付いて綺麗でした。四季のある国に生まれた醍醐味ってやつです。

レンタカーを借りて出掛けて、ようやく帰ってこられたのですが、何せ10日の週末金曜日ということで、さらに事故なんかもあって、帰りは凄まじい大渋滞でした。

通り過ぎるサービスエリアはどこも満車マークがついていて、寄る気にもなりません。結果、長時間休憩なしのロングドライブになったのです。

自分では自覚がなかったのですが、どうやら私は相当に疲れていたようです。

レンタカーを返した瞬間にドッと疲れが襲ってきて、ボーっとしてきます。緊張の糸が切れたかのように、頭が働きません。

レンタカーのスタッフさんがドアを開けて「おかえりなさいませ」と、出迎えてくれたのですか、その声掛けがあるまで放心状態に陥っていたのです。

あらかじめ断っておきますが、薬を飲んでいた訳ではありませんよ。。少し寝不足気味だった程度で至ってノーマルです。

ドッと疲れた体を起こして車から下りて、それでも私はボーっとしたままです。

「ETC カードのお忘れはないですか?」と聞かれ、はっとしてカードを抜き取ります。

「車内にお忘れ物はないですか?」で、はっとして荷物を下ろします。

ヨロヨロとレンタカーの事務所に向かおうとした時、背後から声がします。

「車の鍵はどちらに置かれましでたか?」と。はっとして自分のズボンのポケットに入れたままであることを思い出して、取り出してスタッフさんに渡します。

もはや、自分で行動予測できないというか段取りが面倒というか、すべてがダメダメな訳です。

親に言われるがままの子どもみたいで、情けなくなりました。

ボーっと、というより、ポーっとの方が近いかもしれません。

疲れてるんだなぁと自分で自覚できます。もう何も考えたくない状態です。

ここまで疲れていたとは。。

長時間運転が多いあなた、2時間置きに休憩してください。あなたが思う以上に疲れていることもありますから。

最後までお付き合いいただき有り難うございます。

タイトルとURLをコピーしました