早期リタイア脳内シュミレーション

仕事

休み明けに会社に行きたくない、ってことはよくあるんですが、そんな時は決まって早期リタイアって、実際どうなんだろうと考えてしまいます。

まずはお金が今後どれだけ必要かって話になります。1ヶ月の生活費にいくら必要かなんて、時代が変われば現在の計算ではアテにならないですし、ましてや何十年先の1ヶ月の生活費ともなれば計算上の誤差が大きくなることは想像できます。結局お金はいくらあっても不安は解消されないことが予想されます。

何もしない事は不安なのでしょうか。キャリアを積めない焦燥感は生まれるのでしょうか。

私は根が真面目なので、早期リタイアした場合の自分が心配です。

少しでも後悔するかもしれないと感じるなら、今はまだその時ではないのでしょうね。

私の場合、完全リタイアではなくセミリタイアに留めて、社会と薄いつながりを持っていないと、きっと不安に押し潰されてしまうだろうな、と想像できます。

同世代のおっさん達に比べて惨めな生活は送りたくない、軽蔑されたくない、と、このマインドから完全に開放されたなら早期リタイアも可能なんでしょうかね。

資産家でもなく、周りを気にしない図太いメンタルもない私には、つかの間の妄想でしかないのですが、同時に憧れなのでした。

結論

早期リタイアにはお金と哲学が必要。

最後までお付き合いいただき有り難うございます。

タイトルとURLをコピーしました