自覚しなければ改善はない

放談

無意識の立ち振舞いは、その人の生き方そのものです。

素の部分といいますか、とっさの時に出る行動、発言で、周囲の人からすごいと尊敬されたり残念だとがっかりされたり。

結局は人からの評価ってことになるのですが、人からの評価がどうであれ、当の本人に自覚がなければ、すごい行動も残念な言動も同じなんです。

特に残念な言動を改めるには人に指摘してもらわないと気付かない場合が多いです。

そういう言動について、それは違うんじゃないかと、はっきりと言ってくれる夫婦、友人、先輩、後輩、親、兄弟などが居てくれるのは有難いものです。

そこで本人が自覚して初めて悔い改めようかと、なる訳ですから。

歳を取ると指摘してくれる人が減ってくるので、自覚して気付かされるって機会も減ってきます。

だからこそ根底の部分で、謙虚でいようと心掛けていないと、いらぬ誤解を生むことになるんでしょうね。

せっかくの人からの指摘も、本人が受け入れなければ変わらないので、やっぱり謙虚さって大事だと思うんです。

最後までお付き合いいただき有り難うございます。

タイトルとURLをコピーしました