マルチに、一筋

仕事

­ひとつの事を極めるのってスゴい事なんです。極めるまでの努力の過程を想像しやすいからか、評価も高いような気がします。対して、発想力豊かであれこれ他分野に渡って挑戦する人に対してはどうでしょうか。

ひとつの事に飽きたらず、他分野に渡って活躍するにはバイタリティーや多岐に渡る発想力が求められます。にもかかわらず、評価はいまいちなように感じます。

マルチな方面で極める領域にまで達していたとしても、本業でそれ一筋でやっている人と比べると評価が低くなるように思えてならないのです。

そりゃぁ、人生を捧げてやってきました、創業以来一筋です。なんて聞くとグラッときますものね。キラーワードな訳です。

果たして、本当にそれでいいのでしょうか。

卵はひとつのカゴに盛るな、とはよく聞く格言です。

時代が変化してニーズや価値観のパラダイムシフトが生じた際に、淘汰される分野で、それ一筋でやってきた場合のリスクは図り知れません。

マルチな分野に精通していれば違う分野に移行して適用しますが、視野の狭い分野で一筋にやって来た場合、どうなんだろうと思うのです。

ひとつの分野を極めるまでに到達できた人は、他の分野であっても極めるまでのプロセスや苦労を知っている為、大丈夫だという考え方もあります。

確かにそうかもしれません。一方で、マルチな方面で極めた人も、本人は意識していないかもしれませんが、好奇心と集中力を発揮して、相当身を捧げているんですよ。

多方面での成功プロセスを知っている分、視野が広くて適用能力が高いと思われます。

つまり私は、マルチに活躍する人に対して、ひとつの事を極めた人とは違った尺度で評価されるべきだと思うのです。

マルチに活躍する当の本人は、評価が欲しくてやってる訳ではないので、そんなことはお構い無しに突っ走って行くのでしょう。

そんな事を考えていたら、何をやっても中途半端な自分が惨めに思えてきました。

まだまだ発展途上ということで、マルチに活躍できるようギア入れていきます。

最後までお付き合いいただき有り難うございます。

タイトルとURLをコピーしました