「人生の貯金はできないから」今を生きる上で大切なこと

起業

最近読んだ雑誌で、若い女性タレントさんが、「お金を貯めなきゃと思って、頑張って貯金しています。」と語っていました。

若いのに立派だなぁ、私が彼女と同じくらいの時には、貯金なんか気にしたことなかったもんなぁ。と感心して読んでいました。

そして、読み進めていくと、「でも、『人生は貯金できないから』ってベテラン俳優さんから言われたので、今楽しめることはしっかり楽しんでおきたいです。」と。

「人生は貯金できないから」って言葉が、私の胸にズシンと響きました。

そういえば、私も似たような事を言われたぞ!と思ったからです。

ご年配の先輩と話をした時です、「若いうちにいろんな事をしておいた方がいいよ、いろいろ見て回っておくといいよ。」なんて言葉を掛けられます。「お金なんて持ってたってしょうがない!」とおっしゃる先輩もいらっしゃいました。

要するに、お金はいつからでも貯められて増やせるけれど、その時その瞬間の経験というのは、チャンスを見送ったからといって、後からより多くの経験を積めるという流れにならないってことなんでしょうね。

海外留学や海外旅行だったり、人生を左右する転職や起業だったり。どうしても後でいつか実現しよう、だから今は我慢だ!なんて、先延ばしをしがちです。でも、先延ばししたところで、楽しさや成功の確率が増大するかといったら疑問なわけです。

これからどうなるかは分からないけれど、どうしてもやりたい!というのであれば、「まずやってみよう」というのが、今を生きる私たちにとって大切なことなのかもしれません。

チャレンジすることに価値がありますし、失敗したらやり直せばいいんですから。

日本では起業後に事業に失敗してしまうと「失敗した人」と、後ろ指を差されますが、アメリカでは、「チャレンジした人」と、高く評価されるのです。

海外のベンチャーキャピタルなどは、失敗を経験している人の方が、同じ過ちを犯すリスクが低いという理由で、再度起業する場合に高い評価をする場合が多いです。

だったら、どうします?

挑戦するしかないでしょう。

やってみるしかないでしょう。

人生は一度切りですから、今は我慢して将来、いつかは・・・。なんて考えているうちに歳をとってしまいますよ。

「人生は貯金できないから」。

あなたは今やりたい事を我慢していませんか?じゃぁ、いつやりますか?

(図らずして予備校講師、林修先生のCMみたいになってしまいました。)

最後までお付き合いいただき有難うございます。

タイトルとURLをコピーしました