定年退職の年齢を延長するなら、ベーシックインカムの導入を。

仕事

長く働く時代が、すぐそこまで来ています。

60歳で定年していた時代から、65歳定年の時代を経て、70歳定年の時代になり、75歳定年を経て、生涯現役という時代へ移っていきそうな気がします。

国の年金制度がもたない!っていうのが一番の要因で、その原因は少子高齢化なのです。

ということは、今後ますます高齢化社会になっていくことは自明の理ですから、定年させないように仕組まれていくことも想像に難くありません。

さて、あなたは何歳まで働きましたか?何歳まで働きたいですか?

定年で仕事を辞めて、生きがいが減ってしまったという人が多いようです。

一方で、定年まで働くことを想像するだけで憂鬱になってしまい、現実を直視すると生きた心地がしない若者や中年が多いのも事実です。

要するに、人間ってわがままなんですよ。

「もう働かなくていいです。」と言われると働き足りない気がして働きたくなり、「まだ働き続けなければいけませんよ。」と言われると労働意欲がそがれてしまって働かない生活に憧れてしまうのです。

では、どうしたらよいでしょうか。

働きたい人、働くのが当たり前と考える人にたくさん働いてもらって、働きたくない人、働いたら負けだと考える人には鬱々と過ごしてもらうのが一番いいと思うんですよね。

ベーシックインカムの仕組みがこれらの課題を解決する最もシンプルな策だと思うんです。

最低限の生活で満足できず、より豊かさを求めて働き続けるのか。最低限の生活に何の不自由も感じず、何にも属さない自由を求めて生きていくのか。

個人の自由で働き方や生き方を選べる社会になったら最高だと思いません?

豊かさを求めて働いてきたけれど、自分の自由な時間が欲しくなったら仕事を辞めることができる社会。

働かずにマイペースで細々と生きてきたけれど、人の役に経って報酬を増やしたいと思ったら再び仕事を始められる社会。

個人の自由な生き方を保障するためのバックアップとして、ベーシックインカムという考え方って個人的には好きなんです。

働き方と生き方が自由に選択できれば、働きたくない人のストレスは大幅に軽減されて、通院する人は激減しそうです。

そして何より、ベーシックインカムで最低限の生活を送れるならば、貯蓄よりも消費に傾いて景気は良くなると思います。また、街の犯罪も減って治安も良くなると想像できます。

こんないい方法、実験でいいから実施してもらいたいものです。

最後までお付き合いいただき有難うございます。

タイトルとURLをコピーしました