コインチェックの問題はセキュリティー、仮想通貨の将来性は引き続き明るい!?

投資

コインチェックが不正アクセスで多額の被害を被ったとのニュースがありました。被害者は26万人と膨大な数です。

今回はNEM(ネム:仮想通貨の一種)が不正に引き出されてしまったということで、コインチェック側のセキュリティーの甘さが問題な訳で、NEMへの投資が危険という訳ではないので誤解しないでくださいね。

マウントゴックスの事件の時にはビットコインを含め、仮想通貨自体が危険であるという誤解を生みましたが、今回もその感じに似ていますね。

特にマスコミは既存の金融関連会社がスポンサーということで、ここぞとばかりに仮想通貨の危険性だとか、海外送金のコスト増でメリットが少ないだとか、叩きまくってますね。

実際には、既存の銀行だって独自の仮想通貨を立ち上げようとしているくらいにこのブロックチェーン技術はすごい技術な訳で、遅かれ早かれ浸透していくことは間違いのない事実だと思います。

今回のようなコインチェックの問題で日本人の仮想通貨に対する印象が悪くなって、世界的な流れに後れをとるといった事態にならないだろうかと、私は少し心配しています。

仮想通貨が浸透した世界では、お金を持ち歩く必要がなくなりますし、送金も銀行を通さずに直接やり取りできるので、間違いなく便利な世の中になると思います。あとは、どの通貨が主導権をにぎるのか、価格の変動はいつ落ち着くのかといった点でしょうね。

仮想通貨はヘッジファンドが投機対象として入っているので、なかなか価値がある程度確定するまでに時間はかかりそうですが、遠い将来を見れば、需要の高まりとともに今の価格よりは高い価格で価値が安定すると思っています。

通貨だって政府がドル売り円買いしたり、ヘッジファンドが大量に資金を動かす事で相場は変動する訳ですから、なにも仮想通貨が特別変わっているとは思えないんですよ。ただ歴史が浅くて参入者が少ないから振れ幅が大きいってだけでしょ。

とはいえ、今回のコインチェックのセキュリティー問題から私たちが学ぶことは、運営会社はしっかりと選ぶ必要があるってことです。

手数料が安いからだとか、テレビでCMしているから、だけで決めてしまっては危険です。運営会社の母体はどこか、資金力はどうか、万が一の補償はどうか、などを考慮して、当面は無くなってもいい金額で参入するスタンスでいいと思います。

仮想通貨そのものは将来性が明るいですが、あくまで送金や決済のツールであって、投資対象として本格的に多額の資金を投じて参加するのはちょっと怖いです。

私が小心者の投資家なので、このスタンスでは大儲けできないと分かっていますが、運営会社のセキュリティーを信用できない以上は参入できない状況です。

かといって、仮想通貨は危ないから絶対にやらない、とはならないようにしたいです。興味を失ってはもったいないですよ。現時点では、ちょっとだけでも、仮想通貨をかじっておくことをおすすめします。

最後までお付き合いいただき有難うございます。

タイトルとURLをコピーしました