果物は高いが買う価値あり

健康

買い物をなるべく安く済まそうと思うと、買うべきかどうか迷うのが果物です。美味しいですし、栄養もあることは分かっていても値段が高くて買い物カゴに入れるのを躊躇してしまうことってありませんか?

スーパーでは入口付近に並べてありますので、買い物予算を逆算して、値段の安い果物を手に取ってしまい、本当に食べたかった果物を買えなかった事はしょっちゅうです。

でも、最近少し考えさせられることがありました。

世界的にみて日本人は果物の摂取量が少ないようなのです。東南アジアに行けば果物が身近にあるのは当たり前なのですが、実際に路上のマーケットで果物を買い込む客が多いように感じるのです。

物価を換算してみると、所得に対して決して安い買い物ではないはずです。にもかかわらず、日本よりも貧しいと言われる国の人達が日本人よりも多くの果物を買っているのです。つまり、食べるのに必要なものとして買っている訳です。

日本には季節に応じてさまざまな果物が並びますが、旬な果物は食卓に必要なものだという考え方が大切なのでしょう。

値段が高いなと感じても、果物はやっぱり美味しいものです。日本より暑い国々でエネルギッシュで明るい性格の人を見ると、気候以外に果物も関係してるかもと思うほどです。

果物を食べて日本が少しでも明るくなればと願う次第です。

最後までお付き合いいただき有り難うございます。

タイトルとURLをコピーしました