ノスタルジーな名曲「風をあつめて」を聴きながら

放談

雨の週末、気持ちが晴れず、心も晴れず、アンニュイな朝です。

そんな朝にぴったりな曲をおすすめしたいと思います。

はっぴいえんどの「風をあつめて」という曲、ご存知ですか?

今朝は「風をあつめて」を聴きながら、郷愁染みた感覚でコーヒーグラスを傾けました。

この名曲は、はっぴいえんどが1971年に発表した曲とのことですが、今聴いても全然古い感じがしません。

時代を超えて心に響く曲って、本当の名曲なんだなぁと、つくづく思います。

歌詞も当時の東京を歌ったはずなのに、なぜだか古く感じさせないんです。

遊び心のある歌詞に言葉のセンスを感じます。

人におすすめしたい曲の1位です。

もし聴いたことがない方は、検索してみてください。

ノスタルジーで幸せな気分になれるかもしれません。

そんな私もこの曲はつい最近知ったわけで。

たまたまラジオから流れていた曲でした。なんだか心の奥底を揺さぶったので、DJがアナウンスする曲名を急いでメモしたものです。

オリジナルの原曲の他に、いろいろな歌手がカバーしていて、それぞれの歌手が色を変えながら歌う曲だと知りました。

そして、どの歌手の歌も心に響きます。

名曲ってカバーされても色あせないものなんです。

ちょっとゆっくり過ごしたい週末、疲れた夜におすすめしたい一曲でした。

最後までお付き合いいただき有難うございます。

タイトルとURLをコピーしました