積み立てNISAで勝つ!初心者の注意点とは?

投資

新しく社会人になる方、今現在20代の方にぜひともおすすめしたいのが、積み立てNISAです。保険に入るのは結婚してからで十分ですし、子供ができてからでも十分間に合います。

ただ、積み立てNISAは長く続けるとメリットが大きいので、早めに始めた方がいいと思います。(儲かった分の税金が掛からないんですよ!これってすごいことです!)

ただし、気を付けて欲しい点があります。

<積み立てNISAの注意点>

信託報酬の低いインデックスファンドをネット証券口座で購入すること。

⇒信託報酬(≒手数料)は安ければ安い分だけいいですよね。この辺りは説明不要かと。わずか数%の手数料の差が数十年では何十万円の損失につながりかねません。信託報酬は要チェックです。

インターネット証券を使うのはなぜか。まず、圧倒的にコストが低いです。買付コストゼロ円は当たり前だったりします。自動売買の設定など、最初は面倒ですが、一度設定してしまえば、ほったらかしでいいので、精神的にも開放されます。ネットで調べる手間を惜しまないでください。いつでも「情報弱者は損をする」と言うことを肝に銘じてください。銀行や郵便局や証券会社の窓口で口座を開設して取引することはNGです。

外国株にも投資すること。

⇒日本の国力が国際的に見てまだ優位にあるうちに世界へマネーを投じて置くこと!ここが最大のポイントですから、国内株だけに投資するのは数十年先を見越した場合、もったいないですよ。

無理のない金額で長く続けること。

⇒投資を開始しても値上がりに一喜一憂していては疲れますし、負けていると後悔して売りたくなる気持ちは分かります。けれど、損をしているということは、それだけ株が安いということです。つまり、口数を多く買えるということですから、バーゲンセールだと思って静観しましょう。ゴールは数十年後に資産を築くことですから。(メンタル的になかなか難しいんですけどね。)

勝っているとつい売りたくなるのも分かるんですけど、ゴールは数十年後ですから、ここでもまた我慢しましょう。(勝っていても含み益が減ったりすると、「ああ、売って置けばよかった」と後悔するのは分かります。でも、大丈夫、きっとまた挽回して今以上の含み益がでますから、信じましょう。)

情報に振り回されないこと。

⇒人気の投信ランキングだとか、騰落率ランキングは常に変動します。いちいち情報に振り回されていては、情報の後追いばかりになってしまい、結果的に投資効率が落ちてしまいます。どっしり構えて、最初に決めた自分のルールをしばらくは見守ってみましょう。

 

そもそも積み立てNISAは長期戦でマーケットの平均値を狙っていく手法です。平たく言えば、負けにくい投資手法ってことになります。

なので、上記の注意点を守って行えば、すぐには大きく増えませんけど、数十年後には大きな差になって現れる可能性が高いです。

あなたはこれから世界経済が成長していくと信じますか?

誰にも分からない将来ですから、不安になると思います。私は積み立てNISAのスタートから初めていますので、「実際にもうかるの?」って方は、幸せシェア研究所のブログ記事での報告を参考にしてみてください。

慎重な性格の方は、当ブログのインデックス投資報告をチェックして、「なんだか儲かりそうだぞ」と思えるようになってから、積み立てNISAを始めても遅くはないと思います。

最後までお付き合いいただき有難うございます。

タイトルとURLをコピーしました