天下一品ラーメン、たまに食べたくなるんです

放談

天下一品らーめんといえば、濃厚こってり系のチェーン系の超有名ラーメン店です。これがたまに無性に食べたくなるんです。

健康志向の私はラーメンスープを飲むのはNGなのですが、この天下一品ラーメンだけは別モノです。

気が付いたら飲み干しています。そもそもスープが少ないっていうのもありますが。

スープには一体何が入っているのか。初めて食べた時は衝撃を受けると同時に、これって美味しいといえるのか?ラーメンとしては邪道なんじゃないか?と感じたことを覚えています。

スープの材料として、にんにくだけは分かるんです。結構にんにく臭が香りますから。

店員さんにお願いしてにんにく抜きにしてもらったこともあります。でも、そのままが一番おいしいんです。当たり前ですが。

毎日だとくどいんですが、看板を見つけると無性に食べたくなる、不思議なラーメンです。

学生時代に初めて食べて衝撃を受け、大阪のミナミをゴロついていた頃は週1で通っていたこともあり、その頃の甘酸っぱい青春の思い出がスープにプラスされて、それはそれは感慨深い味なんですよ。

お昼時はいい具合に賑わっていると安心しますね。夜の〆ラーメンとしても、かなりお世話になりました。

ラーメン一杯で思い出に浸れるって安上がりでいいでしょ?誰しもそんな思い入れのあるものがあると思います。たまには思い出に浸るのもいいものです。

最後までお付き合いいただき有難うございます。

タイトルとURLをコピーしました