コロナ自粛でテレビの再放送にうんざり。テレビ離れ加速?

放談

テレビよりもネット動画に流れる現実

極力外出を控えて家で過ごすことが増えたので、自分と向き合う時間が増えました。自由な時間と空いた時間が増えたので、テレビの前に座る時間も比例して増加。しかし、再放送ばかりで飽きてきました。。

収録できないから再放送ばかりでも仕方ないのは分かりますけどね。ネット番組という選択肢がある現代で良かったなぁと心から思います。

テレビを観ていたであろう時間は、ネットの動画配信の時間にすっかり変わりました。最近のネットの動画配信は以前のものと比べて格段に面白くなっていますし、レベルが上がっています。この自粛の間にネット動画にどっぷり浸かってしまっています。

これからのテレビはどうなっていくのか

テレビはこれからどうなっていくんでしょうかね。正直、今までのようにロケ班を大人数連れて国内を自由に動き回ることはできないでしょうし、海外ロケもできませんからね。スタジオ収録がメインになっていくでしょう。そうなると、魅力は半減どころか、ネット配信番組と変わらなくないか?って話になってきます。

ドラマだって、リアルの世界に合わせていかないといけないジレンマに襲われそうです。マスクをして人と距離を置いて、食事中はしゃべらない。こんな状況で恋愛ドラマはどうなるの?ウェブ飲み会とかLINEで恋愛に発展していくストーリーって、なんとなく興ざめしませんか?

イケメン俳優も可愛い女優さんも、外に出たらマスク姿っていうのは辛いなぁ。そもそも、ドラマの撮影には多くの制作スタッフが関わりますから、どうしても密になりがちです。少人数で撮影するってことになるんでしょうかね。

小規模での撮影ってことでいえば、ユーチューバーだったり個人レベルの動画配信と大差なくなってきます。実際に有名人がユーチューバーに転身して動画配信していますし、動画編集に関してもプロが成り立つビジネスになっています。個人レベルの動画が高いスキルで編集されているから、正直面白いです。テレビよりも身近に感じられることも魅力なのかもしれません。

テレビに関して悲観的な事ばかり述べてしまいましたが、テレビが生き残る策として思いつく所が少ないのが現実です。動画配信サービスはマストですし、これからも動画配信サービスの利用比率は高まっていくと思います。結果として過去の人気視聴番組だったり、高視聴率だったドラマを再放送する機会も増えていくことになると思います。自粛明けであっても視聴者をつなぎとめる為に再放送を流す時間が増えるというのは仕方のないことです。

再放送って、ついつい見てしまうこともあるので魅力的なんですけど、新しいものを作り出せなくなったテレビがネットの動画配信に置いてきぼりを食うということにつながりますから、諸刃のやいばだったりします。

テレビが進む道は?

どうすればいいかって?難しい問題なんですけど、各地で人気のユーチューバーに協力を要請してみてはいかがでしょうか。今までのようにロケができないのなら、各地にいるユーチューバーに素材を提供してもらうんです。テレビ局は編集に専念する会社として生き残るという道はどうでしょうか。人気のユーチューバーはチャンネルでテレビの番宣をしてくれるでしょうし、テレビからネット動画に集客できるチャンスがあるので、お互いwin-win(ウィン=ウィン)だと思います。

ユーチューバーと組むことで、オリジナリティの面では質が下がりますけど、鮮度は維持できそうです。なんか違うけど・・・。当面は仕方ないですかね。

テレビで育った世代の私は、ネットの動画配信よりもまだまだテレビを観る時間の方が多いんです。最近はネット動画の面白さに目覚めたので、徐々にテレビを観る時間は減ってしまっていますけど。。うーむ。

明るい展望は思いつきませんでしたけど、個人的にはテレビは好きなんですよ。テレビは興味の幅を広げてくれますし、長期に渡るドキュメンタリー番組のように多額の制作費を投じることができる貴重なコンテンツだと思っています。そんな大がかりな番組ではなくとも、早く新作ドラマとスポーツが放映されて、テレビの前にかじりついてワクワクする時間が来ることをテレビファンとして願っています。

最後までお付き合いいただき有難うございます。

タイトルとURLをコピーしました