スリム、シンプル、スロー

起業

雨の日は外を出歩きたくありません。仕事を除けば、よほど緊急な用事でなければ先送りにします。先日飲食店のオーナーさんとお話する機会があり、これから雨の予報が出ていたので、売上はガタ落ちだとため息をついておられました。

早期リタイアしてカフェ経営をしたいなぁと、現実逃避の妄想を膨らませる私も、オーナーであったなら同様の悩みを抱えることになるのだと妙に共感を覚えました。

では、天候に左右されない立地に出店するとなれば、駅ナカでしょうか。うーん、そうなってくると、出店コストが高くなるので、リスクも増えてしまい、妄想の実現が遠のいてしまいますね。

飲食店の経営に必要な3S とは、スリム、シンプル、スローだと、聞いたことがあります。

事業を広げすぎない、メニューを増やしすぎない、忙しすぎない。これが長く経営を続ける肝になるそうです。

雨という天候リスク要因をカバーすべく駅ナカにも出店しよう、雨の日の売上をカバーするためにメニューを増やそう、宣伝広告でどんどん客を呼び込んで店員を増やして対応しよう。これらは一時的に上手くいっても長く続かないことはなんとなく想像がつきます。

スリム、シンプル、スローというキーワードを何周も考えると、天候や景気に一喜一憂することなく、その時その時で、できる範囲の事をやり続けるしかないという、なんとも根気のいる仕事に思えてきました。
喫茶店経営を甘く考えていた自分が恥ずかしくなり、すべての経営者に頭が下がる思いがしました。

最後までお付き合いいただき有り難うございました。

タイトルとURLをコピーしました