早期リタイア後、1日5000円を自由に使えたら幸せ?貯金(タネ銭)いくらで実現?

放談

サラリーマンである私が1日に使うお金は、昼食代、飲物代、コーヒー代で、だいたい1日1200円程度です。

通勤は定期券がありますし、得意先への移動も経費で精算しますから、食に関する費用くらいです。

さて、1ヵ月では36000円(=1200円✖30日)です。

休日は基本的に定期券の範囲で行動しますし、食費は自炊などで安く済みますから、たまの買い物なんかを加味してもだいだい1日1200円に収まるです。

1日5000円使っていいよ、ってことになっら、何しましょうかね。

1ヵ月で150000円(=5000円✖30日)ですから、サラリーマン時代の4倍強です。定期券がなくなるから、移動費を加味したら3倍くらいでしょうか。

うーん、特に趣味がないから、健康維持の為にジムの会員になって1ヵ月20000円、ちょっと良いものを食べて1ヵ月90000円(=3000円✖30日)、交通費で20000円くらい、残り20000円しかない。。

交通費を節約して40000円で海外旅行にでもいこうかな。平日の格安チケットで。

おぉ、結構満足かも。

多趣味の方は別にして、フツーにサラリーマンやってきた人にとって、1日5000円使っていいよ、っていうのは幸せを買えるギリギリのラインかもしれませんね。

一人の人間にとって、1日5000円が幸せラインとするならば、夫婦なら1万円、子供が独立していなければもっと掛かりますね。

夫婦だけのケースで考えると、1ヵ月30万円、1年で360万円です。

360万円を投資で稼ぐとすると、タネ銭はいくらか。

5%運用で7200万円が必要です。

これはハードルが高い。。

あ、税率が約20%だからタネ銭は9000万円でしたね。。

もはや天文学的。

家の維持費や税金や医療費を考えたら1億円が最低ラインですね。。

早期リタイアで国に頼らず夫婦で優雅に生きていくには1億円が最低ラインだと分かります。

一人暮らしなら5000万円が最低ラインになります。

労働からの解放は一筋縄ではいかないのですね。

最後までお付き合いいただき有り難うございます。

タイトルとURLをコピーしました