甘酒、飲む点滴の原材料にご用心

健康

夏のビタミン補給に効果的で、飲む点滴ともいわれる、あまざけ。みなさん飲まれてますか。私は以前、酒粕から作った原材料に砂糖が含まれる缶のあまざけを箱買いして飲み続けたところ、血糖値が不安定になって余計に疲れるという悲惨な状況になりました。

砂糖の入った清涼飲料水と同じですから、飲みすぎはいけませんね。せっかく飲むなら米・米麹のみで作られたあまざけの方が、砂糖が入っていなくて体にもよさそうです。飲みすぎはいけませんが。そんな訳で血糖値を気にしている私は米・米麹だけのあまざけ一択で選んでいます。

江戸時代には夏にあまざけ売りが練り歩いたそうですから、歴史も古く、ご先祖様達も召し上がっていたに違いありません。趣のある神社さんやお寺さんで売っている昔ながらのあまざけは米・米麹のみで作られているものが多いです。非常にシンプルな甘みでありながら疲れが取れるような感覚があります。

最近ではテレビの影響で健康効果がうたわれてブームの様相です。お店では入口の目立つ場所にあまざけコーナーがあったりしますので、ついつい吟味してしまいます。

あまざけは国産メーカーだから安心、どれを買っても同じと油断するのではなく、しっかりと原材料を見比べて購入されることをおすすめします。

原材料表記は内容量の多い物から順に表記されていますので、手軽に飲めるストレートタイプのもので、原材料に「米麹・米」と、米麹が先に記載してあるあまざけは、かなり本格的です。その分値段が高いです。米麹自体が高いので仕方ありませんがお金に余裕がある方はぜひ選んでください。

私がおすすめしたいのは、原材料に「米・米麹」と記載されているあまざけです。900ml~1Lくらいのビンに入ったタイプが多いです。価格も手ごろで、麹に含まれる栄養が摂れて米の自然な甘みが味わえます。やはり継続するには値段が気になりますからね。

というわけで、原材料に「米・米麹」と書かれたあまざけがコストパフォーマンスがよいと私は思うのです。

酒粕ベースのあまざけは甘みを出すために砂糖を加えてしまっているので、原材料に「酒粕・砂糖・○○・・・」のような表記になっています。私のように砂糖を取るのを控えている方は回避した方が無難です。酒粕に砂糖を加えたタイプのあまざけは、飲み切りサイズのビンや缶のタイプや紙カップのタイプに多いです。酒粕自体は食物繊維が豊富で栄養価も高いので、火であぶってたべたり、料理に加えたりして、私も好んで食べてますが、あまざけになると砂糖が一番最初に表記された商品もあるので要注意です。

あまざけを買う際はぜひ原材料をチェックしてください。

最後までお付き合いいただき有難うございます。

タイトルとURLをコピーしました