青汁を近所のドラッグストアで買うべき理由

健康

最近、青汁がおいしくなったと感じます。

青汁って青臭くて苦くて「まずい!」って印象だったのが、うそのようです。

いつまでも若く長生きをすることを目標とした場合、食物繊維を効果的に摂取することが大切なので、青汁も選択肢としてアリなのかもしれません。

生の大麦若葉やケールをミキサーにかけて・・・なんてのは忙しい庶民には難しいので、手軽に摂取する意味で青汁を選ぶというもの。

肝心な効果なんですけど、個人的には腸が喜んでくれているような気がしています。

なんとなくドロっとした血液がサラサラになるイメージです。

お通じもなんとなく良くなったような気がします。

なんとなくっていう点、これが素晴らしいんだと思います。

急激に効果があるものは、大抵副作用がありますから。

なんとなく徐々に効いたような気がする、っていう加減が絶妙なんですよね青汁は。

ビジュアルも大切な要素です。

緑色の粉末を水に溶かして飲んでいる訳ですから、体にいいものを続けているって実感できると思います。

せっかくですから、着色料だとか、保存料だとか、添加物は少ないものを選んでください。

有機栽培までこだわる必要があるのかどうかは別として、こだわって欲しいのは国産であるということ。

ネットで調べると、結構多いらしいです、中国産が。

中国産にもしっかり管理された商品があることは認めますけど、トレースしにくいですし、安全性の確率の観点からも、国産の青汁を買うのが正解かと。

毎日飲まないと意味がないとか、毎日飲む習慣にした方が健康によい、なんてのは商業ベースの戦略ですから。

毎日続けることが偉いわけでもないので、極論をいえば気が向いた時に飲めばいいと思います。

青汁飲まなかったから調子悪い、なんてことはあり得ません。

ネットで青汁が定期的に届くっていうのもありますが、どうしても買い物に行けない事情がある人でない限りは、自分で近くのドラッグストアなんかで買う方がいいです。

毎日ってなると飽きますから。

飲み切れないまま次々と送られてきて、在庫が溜まっていったのでは鮮度の観点からも疑問ですし、他の気になる青汁が出てきても在庫があると、もったいないから簡単にお試し購入できません。

青汁定期購入はメーカー側のマーケティング手法なので、乗らないようにして、その時に気になった青汁、その時に気になった種類の葉っぱが入った青汁を買った方が、飽きずに続けられたりするものです。

値段については、だいたいどのメーカーも1日分100円前後に設定されています。1回分100円を目安にすると、高い安いが判断しやすいと思います。

毎日継続することを強制されるわけでなければ、自分に合わなければ次から買わなければいいですし、いきなり定期購入することのないよう、だらだらと、なんとなくの効果を実感しながら、いろんなメーカーの青汁を試してみるのが長続きする秘訣かもしれません。

<まとめ>

青汁はあれこれ試して買ってみて、効果をなんとなく感じながらだらだら続ける

このやり方がベターです。なんでもそうですが飽きて止めてしまっては意味がないですから。

最後までお付き合いいただき有難うございます。

タイトルとURLをコピーしました