引きこもり生活のリスクはプラス思考で回避!?

放談

ここ数日、考え事が多くて、イライラして過ごしています。

やりたい事とやるべき事は多いんですけど、やる気が起きず・・・。

なんだかモヤモヤしたまま引きこもってしまいました。

もともとインドア派の私は、引きこもることに対して抵抗感はないんですけど、体の方がそうではなかったようです。

引きこもり生活で一番の心配事といえば、「健康」ですよね。やっぱり。

炭水化物中心のジャンクフードで偏った栄養ばかり摂っていると、小さなことでイライラしますし、運動不足によって胃もたれだったり肩こりだったり腰痛だったり・・・・。

とにかく体が不調を訴えてきます。

若い頃は徹夜してもそこそこ動けましたし、暴飲暴食しても半日くらいで回復していたんですけどね。どうも、昔のイメージのままでは長生きできそうにないぞ、って不安になります。

じゃあ、散歩でもしたら?って言うのは簡単ですけど、頭がモヤモヤした状態っていうのは、外に一歩踏み出すのもすごく億劫だったりするので、結果的に引きこもり生活を送ってしまっています。

やれやれ、40代でこんな調子じゃあ、先が思いやられますな。

季節の変わり目ってことで、自律神経の乱れなのか、抑うつ気味です。

数日の引きこもりですら不調を感じている私ですが、これが数週間、数ヶ月、数年の引きこもりとなったら・・・。

おそらく体調不良がノーマルの状態になってしまって、深刻な体調不調のサインに気付かなくなってくると思われます。

人と会わない、人と話さないという生活では、刺激が極端に減ってしまいますから、老け込んでしまうと思われます。

引きこもって稼ぐだけのスキルもない私は、貯金が減っていくことの恐怖で、精神的に憔悴していくと思われます。

体調、社会性、金銭のすべてが失われれていく恐怖に耐えられず、自暴自棄になっていることでしょうね、きっと。

そう思うと、やっぱり引きこもり生活はリスクが高いってことなんでしょうけど、現実逃避したいから「もう少しだけ引きこもり生活を満喫」しようかと。

これこれ!引きこもりって言葉自体がマイナスなので、満喫するって言葉でプラスに変えてやれば、私の気持ちも楽になります。

「引きこもり生活を満喫します!」って言って会社辞めてもいいわけですし、本人がポジティブでプラス思考ならそれでいいかと。

引きこもりだって部屋で筋トレできるし、栄養考えて食事できるし、ネットでバーチャルな社会生活を送れるんですからね。

お金だけが問題です。こればっかりは稼ぐスキルがないと厳しい。だから、日本政府は早いとこベーシックインカムを導入した方がいいと思ってます。

AI化は全世界的なものですけど、人口減少による国際競争力の低下は日本特有の課題ですから。

どこかのタイミングでベーシックインカムを導入すれば、「ポジティブな引きこもり」を選択できる、素晴らしい国だってことになると思うんですけどね。

引きこもり目線からの理想論過ぎます?

最後までお付き合いいただき有難うございます。

タイトルとURLをコピーしました