今日も寝る前にピーナッツを食べ過ぎてしまった。。

放談

十分に夕飯を食べた後、口寂しさからピーナッツを口元へ運ぶ。

ささやかな至福の時は、そう長く続かないもの・・・。

ピーナッツがとまらない。あー、止まらない。

このままではまずいぞ、止まらなくなるぞ、との予感が見事的中。

でも結局、ピーナッツは最初の一粒が一番おいしい気がします。

あとは惰性で食べている感覚。

たまーに味の濃いピーナッツに当たって、ラッキー!、みたいなのはありますけど。

止め時がわからないんです。

お得用サイズで購入するから、なおのこと。

エンドレスピーナッツ。

翌日の顔にできる吹き出物なんか、おかまいなし。

疲れているから早く寝よう、という気持ちも、おかまいなし。

ただただ食べ続けて、胃がもたれて、寝つきが悪くて、目覚めが悪い。

完全なダメ人間だわ、私。

ゴミ箱が殻でいっぱいになってきたので、そろそろ止めよう、次で止めよう、今度こそ止めよう。。

味の濃い粒に遭遇、よっしゃ当たり!よし、これで止めよう。いや、もっと当たり粒があるかも。

と、葛藤が長く続くいつものパターン。

「もういい加減食べるのやめなよ。」って、誰かに言って欲しいのかもしれません。

会社の健康診断が迫ってきているというのに。

問診で先生に相談してみようかしら。

「先生、夜中にピーナッツを食べ過ぎてしまうのですが、私は大丈夫でしょうか。」と。

きっと、先生はやさしく微笑み、こう返してくれるでしょう。

「知らんがな。」と。

嗚呼、セルフコントロールができる大人に、早くなりたい。

最後までお付き合いいただき有難うございました。

タイトルとURLをコピーしました