株は今が買い時?S&P一択でいい?早く利確した方がいい??

投資

長期・分散・積立投資が最強だってことは頭で理解していても、行動を伴わせるのは難しいですね。

ここ数週間、ずぅーーっと悩んでました。今はバブルなんじゃないかって。

そうこうしているうちにも上がり続ける株価。少し調整が入ってもすぐに戻しますから、これはもはや長期の上昇トレンドに入ったとみていいのかな?そう思っていると急に大幅な調整が入ってみたり。

「もう、わけが分からない!投資なんてギャンブルだ!」と言いたくなる人も多いのではないでしょうか。

投資で暴落を経験して長期で投資に身を置いている私ですら、まだまだ投資のタイミングを見計らって少しでも得するにはどうすればいいのか、今なのか、もう少し待つべきなのか、思案して眠れない日が続くなんてザラです。

「今投資しておかないと、乗り遅れるぞ!大丈夫まだまだ上がる!」そんな感じで気持ちが高ぶっている時は、超長期の株価トレンドをみて、脳内でシュミレーションをしてみるんです。もし、過去の株価上昇トレンドのタイミングで積極的に運用を始めて、資金が尽きたときに暴落した場合、何年間我慢しなきゃならないの?ってね。

悲惨な時だと10年以上損失を抱えたまま過ごすことになったりしますから、一括で投資するということがいかに無謀でリスキーか、再認識して慎重さを取り戻します。

要するに、投資においては、「長期・分散・積立」が最強なんです。「長い時間をかけて、卵はひとつの籠に盛らずに、ひたすらに買い続ける」ってこと。

株は今がチャンス?S&P一択でいい?早く利確した方がいい? ⇒ どれも違います。

●株は今がチャンス? ⇒ そもそも、今がチャンスかどうかは将来振り返るまで誰にもわかりません。したり顔のセミナー講師が、過去のチャートを引っ張り出してきて、このサインが現れたら買い、このトレンドで売り。なんて動画をたまに見ますけど、そんなのウソですからね。たまたま過去がそうなっただけで、それっぽい傾向がみられただけで、今後も同じ傾向かどうかは分からないんだから、話を聞くだけにしといてください。その通りに売買したら損するだけです。長期でみたら上昇トレンドであることは歴史が証明していますが、短期でみたら上がるか下がるかを当て続ける人は存在しません。そういうものですものです。

●S&P一択でいい? ⇒ バフェットの名言だとか、トリニティスタディとか、影響力のあるユーチューバーの動画なんかでS&P一択で将来が安泰だと錯覚している人も多いと思います。確かに直近の上がり幅は大きかったですし、今後も期待できることは確かです。ですが、アメリカの政治や経済が何年先も安泰だとは限りませんし、世界の国々への影響力が今のまま続くという100%の保証はありません。中国の影響力が急速に台頭していますし、インドの成長も著しいですし、ユーロが再度団結するかもしれませんし、アフリカから技術革新が起こるかもしれませんし、・・・。その恩恵を捨ててもアメリカが好きで好きで仕方がないのなら、一蓮托生でS&P一択でもいいですけど、私はおすすめしません。広く地域や分野を分散しておくべきだとおもいます。

●早く利確した方がいい? ⇒ すぐにまとまったお金が必要であるなら売るべきでしょうし、年齢的に使いきるフェーズに移ったのであればルールを決めて売っていくべきでしょう。お金は必要な時に使うものですから。ただ、それほど急いでお金が必要なわけではないのに、ただ現状利益が出ているという、それだけの理由で利確売りしようとしているのなら、考えなおしてみてはどうでしょうか。複利の力で膨らませてきた利益を確定売りしてしまうということは、将来にわたっての複利パワーを弱めるということになります。将来どうなるかわからないという話をしましたが、長期でみれば上昇するということを信じるのであれば、将来の複利で増えるであろう金額を手放すことは得策とは思えません。すぐに必要なお金ではなかった場合、利確して得たお金はどうするんです?戦略的にキャッシュ比率を高めるとか、相関性の低い投資先に変更してリバランスを行うというのならまだしも、似たような分野の投資に回すというのであれば、含み益えの税金20%強がマイナスされる点でも、もったいないように思います。

以上、偉そうなことを述べましたけど、実際のところ、私自身に言い聞かせているところもあって、私自身がまだまだ未成熟な投資家であるという認識であることに変わりはありません。長期投資に飽きてきたり、不安になったり、いろいろと悩みは尽きませんが、一緒に乗り越えていきましょう。最後までお付き合いいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました