電気自動車歓迎、自動運転を望む声

放談

世界的に電気自動車へのシフトが加速してきました。未来の環境を考えれば、かなりいい方向に向かっていると思います。

日産から発売された新型リーフは、かなり完成形に近いところまできています。あとは価格面と自動運転技術の向上でしょうか。

電気自動車の普及において、きっと日本では消極的な普及になるでしょう。

トヨタが出遅れてますし、部品メーカーをはじめ、雇用を守る観点から政府も積極的に動かない気がします。

こういうパラダイムシフトが起ころうとしている時、中国って脅威に感じます。スマホでも、数年前までは
ファーウェイがここまでシェアを伸ばすなんて考えられませんでしたから。

電気自動車で価格と性能を上回られたら、日本国内での日本車シェアも奪われていく予感がします。

もちろん、そうならないためにも、トヨタをはじめとして、国産メーカーには電気自動車で巻き返して欲しいと思っています。

鍵となるのは自動運転です。電気自動車の性能で差がなければ、どのメーカーが自動運転技術が高くて安全かが勝負の分かれ目になります。

超高齢化社会を迎える日本では、この自動運転の分野の注目度はかなり高いはずです。

若い世代は車を持たない人も増えていますが、高齢者は自動車に対する所有欲が高い時代を過ごしていますから。

日本車メーカーには電気自動車でも、自動運転技術でも、国際競争にぜひ勝ってもらって、雇用も経済も牽引してもらうことを願っています。

最後までお付き合いいただき有り難うございます。

タイトルとURLをコピーしました