あ、あの人知ってる!のに、名前忘れた。。

放談

ビジネスの現場でひどく失礼になってしまう、「名前の呼び間違え」。

うろ覚えで声を掛ける際には慎重になるものです。

お世話になってた人なのに、名前忘れた。。

ってことがつい最近ありました。

目が合った瞬間に、「あっ!知ってる人!」と本能的に挨拶に出向くのですが、はて、どこのどなただったかしら?と。

必死で昔の記憶を引き出そうとしますが、老朽化した私の思考回路はバグが生じているらしく、検索中のままです。

どこかの何かでお世話になっているのは確かなはずなのに。

顔はしっかり覚えているのに。

困ったな…、と思いながら、久しぶりの再開をいそしみつつ、世間話で場をつなぎました。

お互いに近況を報告し合って、失礼のないように無難な感じで対応して別れましたが、あれで良かったのか、引っ掛かったまま立ち去りました。

すっかりお名前忘れてしまいました、どこでご一緒させていただいてましたっけ?

なんて聞けませんでした。

だって、向こうは覚えていてくれていたんですから。

悔しいなぁ、そして悲しいなぁ、なんて自分が情けなくなりながらトボトボ歩きます。

誰だっ?誰だっ?誰だ~♪

って半分諦めかけたその時、ふと記憶が蘇ってきました。

1件ヒットしました!ピコーン!

なんて遅いんだ、私の脳内検索エンジン。。

あんなこと、こんなことが次々思い出されます。

昔、仕事で一緒に過ごした仲間でした。

やった~、スッキリした!って感情と同時に訪れる自己嫌悪。。

そっけなさ過ぎた。。逃げるように立ち去った自分のバカ、バカ、バカってね…。

まぁ思い出せただけ、良かった良かった。

いやいやいや、懐かしの昔話に花を咲かせて、お礼を述べるなりが、できたはず…。

その日暮らしで自分の事しか考えてないから、お世話になった人を思い出せないんだ…、きっと…。

感情の浮き沈みが収まりません。

こんな時はどうしたらいいのでしょうか?

私の頭の容量が少ないせいか、いろいろ考えることを止めて、うたた寝をするのでした。

ダメだこりゃ!

最後までお付き合いいただき有り難うございます。

タイトルとURLをコピーしました