インデックス投資2019年12月中間〆結果公開

投資

今年は暖冬か?と思うほど暖かい日が続いたかと思えば、急に冷え込んでみたりして。体がついていきません。

ただでさえ冬場は鬱々とする季節なのですから、たまりませんね。

さて、そんな気温の乱高下する中、12月15日〆の進捗状況です。

(前月末からの)→騰落率
●先進国株式0.5%
●新興国株式2.4%
●先進国株式(積NISA)0.6%
●新興国株式(積NISA)2.0%
<増減額>
+377,619

理由はよくわかりませんけど、新興国が伸びました。以前から私が言っていますように、新興国の方が伸びしろアリってことなんでしょうね。アップダウンは激しそうですけど。

ただし、2019年の1月からの進捗では、まだまだ先進国の好調さに軍配が上がります。このまましばらく先進国優位の市場が続くのか。どこかで新興国市場が巻き返すのか。

私は長い目でみると後者だと考えています。

最後までお付き合いいただき有り難うございます。

タイトルとURLをコピーしました