マレーシアで10年の長期滞在、貯金の目標額は?

放談

日本の冬が苦手で、もはや苦痛な域に達しています。春と秋は好きなんですけどね。要するに年中春みたいな、年中秋みたいな、そんな場所で暮らせないかなぁと思ってみたりします。

ビザが取りやすいかどうかっていうのも関係してきますが、現時点でマレーシアってどうなのさ、良さそうじゃないのって話です。

MM2H(マレーシアマイセカンドホーム)ってビザは、一定の基準を満たせば10年間の滞在が認められます。10年ですよ!これはすごい。

年金が65歳から貰えると仮定すると、55歳で早めのリタイアをして、10年間温暖な気候で暮らして、生活コミュニティを形成して、65歳以降はビザ延長しながら年金生活!ってどうですかね。

結構現実的だと思うんです。果たしてビザ延長が簡単にいくものなのかどうかは、その時(ビザ取得から10年後)の制度次第なので保障できませんけど、今の時点でいえばできそうです。

ただし、注意すべきは、MM2Hは現地で労働できないってところです。ある程度資金を貯めて温暖なマレーシアで暮らし、資金が足りなくなったら日本に帰国して稼がなければならないってことです。

ネットで稼げる人であればそんな心配もないんでしょうけど、稼ぐスキルがなければ日本で短期の住み込みバイトでもするのが現実的かもしれません。それが嫌なら年金受給まで逃げ切れるだけの貯金をするしかないです。

いったい貯金はいくら必要か?55歳から65歳の年金受給までの10年間を食つなげればOKなので、年間300万(最低レベル)~500万(プチ贅沢レベル)とすれば、貯金は3,600万円~6,000万円ってとこでしょう。

人生は何が起こるか不確かです。病気やケガやトラブルや。なんやかんやで予備費として1,000万円は確保しておきたいものです。そうすると、5,000万円(標準レベル)+1,000万円(予備費)=6,000万円が妥当な計算じゃないですかね。

55歳で早期リタイアして、年金受給の65歳までマレーシアで10年過ごすならば、6,000万円を用意しておきたいということになります。

結局は、何度かこのブログで試算した結果と同じく6,000万円ってところに落ち着きました。(参考:セミリタイアに必要な貯金額はいくら?)

インフレと為替変動のリスクは誰にも予想できないので、そこまで考えると安心なのは貯金1億円以上!とか、サラリーマンには途方もない金額になってしまいますからね。インフレ数%はマレーシア地元の銀行金利でまかなえそうですし、株の配当とかでまかなうと考えれば、なんとかなりそうです。(為替は時の運次第。円は弱くなってるだろうな。。)

まずは目の前の目標「6,000万円の金融資産を55歳までに築く」ことに注力していきたいと思います。そこに温暖な国でのセカンドライフが待っている!(かもしれないし、考えが変わっているかもしれませんが。。)

最後までお付き合いいただき有難うございます。

タイトルとURLをコピーしました